So-net無料ブログ作成
検索選択

コーヒーはうつの自殺率を減らす [痛いニュース・いろいろ]

こんにちは。


ヒソカです。



本日のいろいろ痛いニュース速報まとめは、「コーヒーはうつの自殺率を減らす」です。



ハーバード公衆衛生大学院の研究チームは、アメリカで大規模なリサーチ・データが参考にして調べたところ「1日に2~4杯のコーヒーを飲んでる大人の男女は、カフェイン抜きコーヒーを飲んでいる人や、ほとんどコーヒーを飲まない人に比べて、自殺率が約半分だったということを突き止めたそうです。


すばらしい。



なんでも、カフェインには、セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなど神経伝達物質(脳内ホルモン)系を高めてくれるそうですよ。


責任者ミシェル・ルーカスは、「中枢神経を刺激する興奮作用だけでなく、マイルドな抗うつ剤としての働きがある」とおっしゃっているとか。



ただし、カフェインに対する反応は個人差があるゆで、むやみやたらとコーヒーを飲めばいいというわけではないようです。


データによれば、1日に2~3杯、もしくは3~4杯飲む人が良いようです。


過去のフィンランドでの研究では、「1日8~9杯飲んでいる人が最も自殺率が高い」というデータもあるようですから、コーヒーをがぶがぶ飲めば良いということではないのですね。



何事も程々が一番と解釈すれば良いかもしれませんね^^



ちなみに、うつと自殺の関係については、以前読んだ本で参考になったものがありますので、もし興味があればチャックしてみてください。




ということで、本日のいろいろ痛いニュース速報まとめは以上です。
nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。