So-net無料ブログ作成

寺の住職がゲームで小学生20人を全裸に [痛いニュース・いろいろ]

こんにちは。



ヒソカです。



本日のいろいろ痛いニュース速報まとめは、寺の住職がゲームで小学生20人を全裸にという話です。


大分県津久見市の寺で小学生が対象の合宿があたそうです。



その合宿で、脱いだ服の長さを競うゲームというものが行われたそうで、小学生の男女約20人が全裸になっていたそうです。


なんということでしょうか・・・・



開いた口がふさがりませんね。



保護者からの抗議を受けて寺側は謝罪したそうです。



寺の住職の言い分は、



「約20年前から行っていて、子供は喜んでいると思っていた。配慮が足りなかった。」



だそうです。



20年間、これが問題にならなかったことにビックリしています。



普通に考えて、小学生を全裸ってかなり危ないですよね。。。



問題の合宿は7月22日と23日に行われ、住職が園長を務める幼稚園の卒園児を中心に、小学1~5年生までの約60人が参加したそうです。


班対抗のゲームが、その全裸ゲームだったらしく、身に着けているものを脱いだり外したりしてつなげ、長さを競うといったルールだそうです。


小学生の1~4年の約20人が全裸になってしまったといいます。



小学4年生って、もう人によっては大人に近い体している子もいますよね。



私が子供の保護者なら、住職をぶん殴ってやりたいところでしょうね。



来年からは、このゲームは取りやめるとのこと。



また、合宿自体も継続するか検討中とのことです。



この住職さんを直接知りませんが、この話を聞く限り子供との接触はやめたほうが良いかもしれません。



ということで、本日のいろいろ痛いニュース速報まとめは以上です。


nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。