So-net無料ブログ作成

男性の結婚率は年収600万円まで比例で上昇 逆に1000万円以上は低下 [痛いニュース・いろいろ]

こんにちは。


ヒソカです。



本日のいろいろ痛いニュース速報まとめは、痛いニュースではなく「男性の結婚率は年収600万円まで比例で上昇 逆に1000万円以上は低下」という話です。


なかなか面白いデータです。



国土交通省は、2012年度の「国土交通白書」を発表し、その中で「結婚と子育てに関する動向」が書かれているそうです。


未婚率というのは1970年代後半から上昇しているそうで、2010年時点では、男性の25~29歳では71.8%、30~34歳は47.3%、35~39歳で35.6%とのこと。


かなりの未婚率ですね。


女性の場合は、25~29歳で60.3%、30~34歳で34.5%、35~39歳で23.1%となっていて、未婚率は圧倒的に男性のほうが高めです。


50歳時点になったときに一度も結婚をしたことのない人の割合を示す「生涯未婚率」も上昇しているということです。


1990年代以降に大きく上昇しているそうで、2010年時点で男性は20.1%、女性は10.6%ということ。


つまり、50歳の男性の20パーセント、女性の10パーセントは結婚したことがない人ということになります。


これは今後更なる上昇が予想され、2030年で男性が27.6%、女性で18.8%という数字が見込まれているとのことです。


結婚したくない若者が増えているのか?と思われるこの数字。



でも、若者の結婚願望は高いままというから驚きです。


35歳未満の未婚者の、「いずれは結婚したい」と思っている人の割合は、1982年以降、男性では85%以上、女性では90%前後の水準を保ち続けているとのこと。


では、なんで結婚できないのかと言いますと、原因の1つが金銭的なものではないかということ。


男性の場合では、年収が600万円までは年収が上がれば上がるほど既婚率が高くなるという、とても興味深いデータ。


その一方で、年収1000万円以上の人は既婚率が低下しているのだといいます。


また、女性の年収600~800万円の人も同様の現象が見られるそうです。



経済的に苦しいと結婚できない、でも金銭的に恵まれすぎていても結婚したくなくなるのかもしれません。


また、独身で親と同居している人の割合も年々増えているそうです。


うーん、なかなか面白いデータでしたね。



こういうデータを見ると、今後日本はますます少子化になっていくように感じてしまいますね^^;



ということで、本日のいろいろ痛いニュースは以上です。


タグ:結婚 男性 年収
nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。